公益社団法人 日本矯正歯科学会

トップページ > 矯正歯科について

矯正歯科について

矯正歯科について

矯正歯科って何?

悪い歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療です。しかし、きれ いな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にはありません。矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していきます。歯がふぞろいだったり、上下の アゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。

この不正咬合をそのままにしておくと、

  • 食べ物がよく噛めない
  • ことばが明瞭でなくなる
  • むし歯になりやすい
  • 歯槽膿漏になりやすい
  • 口臭の原因になる
  • アゴの関節に負担をかける
  • 歯を折ったり、ケガしやすい

などの問題がでてきます。

矯正治療が必要な「不正咬合」

代表的な症例の治療前と治療後をご覧下さい。
※写真はいずれも患者さんの同意を得て掲載しております。

出っ歯(上顎前突)

上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯ならび全体が前に出て噛んでいます。また下のアゴが小さかったり、後ろにあることで見かけ上、出っ歯にみえることもあります。この状態では、口を楽に閉じることができませんし、顔のケガで前歯を折ったり、くちびるを切ったりしやすいです。またこの噛み合わせにより、下の前歯が上の前歯の裏側の歯ぐきを傷つけていることもあります。

治療経過を見る(GIFアニメ)

受け口(反対咬合)

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせです。上下の前歯の傾きに問題がある場合と下のアゴが大きすぎたり上のアゴが小さすぎることによる場合とがあります。アゴの大きさに問題がある場合、アゴの骨の成長によって変化しますので、成長のメドがたつまで長く追いかけていかなければなりません。うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になることが多いです。

治療経過を見る(GIFアニメ)

八重歯・乱ぐい歯(叢生)

歯ならびがデコボコになっている状態を「乱ぐい」といいます。上の糸切り歯が歯ならびから飛び出しているのを、普通「八重歯」と呼びます。日本では「かわいい」と言われることもありますが、欧米では「ドラキュラの歯」と呼ばれ嫌われます。歯がならぶ場所=骨の大きさとそれぞれの歯の大きさとの間のアンバランスでこのようになります。歯みがきの時に歯ブラシが行き届かずに汚れが残りやすく、虫歯や歯槽膿漏の原因となります。

治療経過を見る(GIFアニメ)

開咬

噛んできても、特に前歯が噛み合わない状態です。前歯で食べ物をうまく噛みきることができないだけでなく、正しい発音ができないことが多いです。幼稚園児や小学生になっても、下の写真や図のような指しゃぶりを続けていることが原因になることもあります。他には「舌」の悪い癖や遺伝的な問題も原因となります。

治療経過を見る(GIFアニメ)

手術が必要な顎変形症

23歳の男性です。「食べ物がかみ切れない、歯並びの真ん中がずれている、かみ合わせが反対、下アゴが出て、曲がっている」とのことで、矯正治療を希望されました。

「反対咬合を伴う顎変形症」と診断され、矯正治療のみでは、安定したかみ合わせにすることは非常に困難で、またアゴの曲がりを改善するために、アゴの骨に対する外科手術を併用することとなりました。外科手術により、上アゴの骨を前方に、下アゴの骨を後方に移動させ、その手術前後に矯正治療をおこないました。

入院が必要ですし、アゴの骨を切りますが、手術自体は口の中から切るので、顔に傷跡も残らず、安全度の極めて高い手術です。ご安心下さい。

アゴを切る手術は以前より健康保険が認められていましたが、近年、手術前後の矯正治療についても健康保険が適用できる歯科医院も増えてきました。

レントゲン写真のGIFアニメ

歯のはえかわり

顎骨の成長

矯正治療中の変化